大学院 建築学専攻 授業風景

修士2年生 【フィールドワークVI】

平城京左京三条二坊宮跡庭園

2019年4月15日

担当:杉浦教授、中村助教

建築設計総合演習Bの第1課題「歴史的遺跡の鞘堂」の参考として、奈良時代の庭園(平城京左京三条二坊宮跡庭園)遺跡内の園池修復の現場およびそれを保護するための覆屋を見学しました。奈良市教育委員会教育総務部文化財課記念物係の小林広育主任および久保邦江主任の案内のもと、普段は外から窓越しにか見学できない覆屋の内部に立ち入り、仮設の覆屋や修復現場を実地に観察し、修理作業の経緯や修復方法、奈良時代の園池の石組の特徴などについて解説をいただき、学生たちは積極的に質問をしていました。その後、覆屋内部のスケッチを行いました。