建築学科 授業風景

建築学科 1年生 【空間表現演習II】

木の造形

前半クラス 2020年10月15日 13:05~18:00 16日 13:05~16:20

後半クラス 2020年10月20日 13:05~16:20 22日 13:05~18:00

建築学科の1年生は、後期からの対面授業一部再開に伴い、対面でないと実施が難しい演習を集中的に行っています。学科開設以来、1年生が毎年前期に取り組んできた「木の造形」も、遠隔授業では道具や材料、作業場所や安全の確保が難しいことから、これまで延期していました。今年は課題説明はZoomで行う、作業空間の密を避け換気を行うなど、新型コロナウイルス感染防止対策をはかって実施しました。

Zoomでの課題説明ののち、スタジオでスケッチをしてアイデアを膨らませる

非常勤講師の黒岩絵里子先生(組ム木製作工房)による、のこぎりの使い方の実演を見学。少人数に分けて交替で実施

実際に木材をクランプではさみ、のこぎりの使用を体験。少人数に分けて交替で、十分な間隔をあけて実施

各自のアイデア、イメージに近い部材を探す。

スタジオの各自の席で、部材を仮組みしながら作品の案を検討

スタジオでできない大工道具を用いた作業はアトリエで実施。感染防止対策および安全確保のため、十分な間隔をあけ、換気しながら実施

作業の合間に、交替でキャンパス内に建設中の新校舎の工事の様子を見学