進路と資格

高い就職率は当たり前!
  大学で学んだ知識と技術を活かせる
  建築技術系への就職に強いのが特長です!

▶学部卒業生の就職率100%!
そのうち
92%が建築系企業(営業・事務系含む)に就職!
89%が建築技術者として就職!

▶大学院修士課程修了生の100%が建築技術者(建築設計など)として就職!
※数字は2016年度実績です。

一級建築士になるための最適な環境を整備

▶一級建築士を受験するためには、建築学科を卒業後2年間の実務経験が必要です。

▶建築学科における演習中心の教育に併せて合わせて、大学院修士課程で「実務経験2年」に相当する実践的なカリキュラムを用意。大学院で建築を専攻しても、「実務経験2年」と認められない大学も多いなか、本学では修士課程の修了生全員が一級建築士の受験資格を得られます。

少ない卒業生に対する突出した一級建築士合格率

▶一級建築士は取得まで何年もかかる難関の国家資格(2016年度合格率は12.0%、合格者平均32.9歳)です。

▶2016年度には武庫川女子大学の卒業生が15人合格!全国の女子大学の中で最多です。

▶卒業生の延べ人数に対する合格者数の比率でみると、全ての大学の中でも抜群の合格率です。