建築学科 授業風景

建築学科4年生 【建築設計演習V】

老いが教えてくれる生きた空間

武庫川女子大学建築学科では、新型コロナウイルス感染症対策のため、スタジオで対面授業と遠隔授業の双方を安心して受講できる環境を整備しています。

第3週

2021年4月20日、22日、23日

担当:鈴木教授、本城先生、中江先生、宮野准教授

22日の中間講評では、各学生が現時点のスタディの状況を、自宅または大学のスタジオから Zoom で発表し、教員から講評を受けた。

学生が提示した設計案の例

第2週

2021年4月13日、15日、16日

担当:鈴木教授、本城先生、中江先生、宮野准教授

Zoomを用いたエスキスの様子

16日は、老人福祉施設の意義などをまとめたレポートをもとに、班ごとにグループディスカッションを行った。

第1週

2021年4月8日、9日

担当:鈴木教授、本城先生、中江先生、宮野准教授

課題説明はZoomで行った。

敷地及びその周辺の状況を把握するため、1:500の敷地模型の制作を行った。

各自が設計案の検討を開始した。